So-net無料ブログ作成
検索選択

菅首相誕生へ 「党の顔ふさわしい」近畿の民主歓迎 自民冷ややか(産経新聞)

 民主党新代表に決まった菅直人氏について、民主、自民両党の各府県連関係者からはさまざまな声が上がった。

 民主党は評価する声が相次ぎ、大阪府連幹事長の土師幸平府議は「菅氏は民主党を再生させたいという思いがある」としたうえで「沖縄問題や政治とカネの問題も必ずしも決着がついたわけではないが、今回の代表選を受けて最悪の状態だった支持率も向上につながるのではないか」と話す。

 同党兵庫県連の越智一雄幹事長も「要職を歴任し、経験も豊富。与党としてしっかりした運営を任せられる。誠実に国民目線で取り組んでほしい。一番納得いく結果ではないか」と、ほっとした表情。

 「参院選にもいい影響がある」と評価するのは、同党京都府連の山本正幹事長。「国民の期待に応えられる最もふさわしい人が選ばれたと思う。結党以来、民主党を支えてきた経歴やリーダーシップなど、党の顔として大いに期待できる人だ」とし、「代表も大事だが、マニフェストの実行や、しがらみのない政治の実現という結党の原点に返る姿勢がなければ、国民の理解は得られない」と指摘した。

 一方、自民党関係者は一様に冷ややかな反応をみせた。

 同党大阪府連幹事長の横倉廉幸府議は「民主党の支持率低下の原因を鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長2人の責任にして、代表の顔が変わっただけ」と厳しく批判し、「鳩山首相は政界引退の意向を示したのだから、小沢幹事長にも引退を迫るべきだ。裏で小沢支配は続き、民主党の本質は変わらない。支持率は上がり、選挙に影響はあるだろうが、本質は変わっていないと訴えていく」と話した。

 自民党兵庫県連の五島壮幹事長は「世代交代、刷新を訴えた樽床伸二氏の得票はあまり伸びず、無難な結果に終わったという印象。有権者にとっても『これで民主党は変わる』とは映らないだろう。ご祝儀相場で若干支持率が上がっても、インパクトを与えるほどではない」と、淡々と話し、参院選については「わが党はまだ苦しい状況。とにかく地道にひたむきに、一生懸命やるしかない」と話した。

 「菅さんになっても、小沢さんの影があることは間違いないと確信している」というのは、自民党京都府連の多賀久雄幹事長。「清新というイメージは感じられない。民主党の『政治とカネ』の問題が、解決したわけではなく、その問題から逃げただけ。自民党は引き続き、『政治とカネ』の問題を追及していきたい」と語った。

他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
篠山紀信氏に罰金30万円略式命令 東京簡裁、青山霊園でヌード写真(産経新聞)
党の議論反映を=菅首相(時事通信)
菅首相会見要旨☆2(時事通信)
呼吸器チューブに穴 女性患者殺害未遂で捜査(産経新聞)

福島氏罷免の可能性強まる、社民に連立離脱論(読売新聞)

 鳩山首相は28日朝、米軍普天間飛行場移設問題について、首相公邸前で記者団に「今日中に結論を出すのは当然のことだ」と述べ、同日中に日本政府の対処方針を決定する考えを強調した。

 平野官房長官も同日午前の閣議後の記者会見で、社民党の同意が得られなくても28日中に対処方針を決定する意向を示すとともに、「連立を崩そうという考えはない」と述べ、社民党との連立維持を目指す考えを示した。首相は政府の対処方針について、閣僚の署名が必要な「閣議決定」か「閣議了解」の形式を取る構えだ。首相は当初、28日昼の臨時閣議開催を目指したが、国民新党が与党内の調整を続けるよう求め、同日夕以降にずれ込んだ。政府は同日昼、午後5時に予定していた普天間問題に関する首相の記者会見を延期すると発表した。

 首相が福島氏罷免もやむを得ないとの判断に傾いたのは、福島氏を更迭しても、社民党の大勢は連立政権にとどまる意向であり、連立は維持できると判断したためとみられる。首相は27日、民主党の閣僚に「福島氏がどうしてもだめな場合は罷免も仕方ない。福島氏を罷免したとしても、社民党は連立離脱をしないだろう。社民党からまた新しい閣僚を出してもらえばいい」と語った。

 首相周辺によると、首相は福島氏を罷免した場合、当面は消費者相を別の閣僚に兼務させ、社民党に後継閣僚の推薦を求めることも検討しているという。

 これに対し、福島氏は28日午前の閣議後の記者会見で、「閣議決定」「閣議了解」となった場合の臨時閣議での署名について「辺野古と決まれば閣議でサインできないことは党常任幹事会で決定しており、変わらない」と応じない考えを強調。自発的辞任については「全く考えていない」と否定した。

 社民党は同日昼、国会内で両院議員懇談会を開き、政府が示した対処方針の文案について「受け入れがたい」として党として署名を拒否する方針を決めた。同党幹部は「福島氏が罷免されれば、連立に残る選択肢はない」と語った。

 民主党内には「福島氏を罷免しても社民党が連立政権にとどまるという確証はない」として、罷免を回避するよう努力すべきだとの意見も出ており、平野官房長官は28日午前、国会内で社民党の重野幹事長らと会談するなど調整を続けた。

 社民党は、与党党首級でさらに調整するため、平野官房長官に基本政策閣僚委員会を開くよう求め、平野長官も了承した。

<大治町長選>減税派当選で河村・名古屋市長、合併に前向き(毎日新聞)
南アW杯 岡田監督ら表敬訪問 首相と幸夫人にユニホーム(毎日新聞)
<自殺防止策>健康診断に精神疾患検査追加へ…厚労省PT(毎日新聞)
石原都知事、在日米軍「本当に抑止力があるのかね?」(産経新聞)
橋下「維新の会」に自民2市議 次補選で中馬氏の元秘書擁立(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。